結婚について

結婚のあいさつで好印象を得るために

結婚の挨拶は服装は平服でも気持ちはフォーマルにが大前提です。
結婚を決めた男性とは以前から家族ぐるみのお付き合いをしていて、どちらの両親もよく知っているとしても節度としてマナーは守るべきです。
きちんとした態度を心がけるようにします。
初めて両親に会う場合、彼のチェックは父親であれば少々辛口になるかもしれません。
けれど、娘が選んだ男性のことを理解したいという気持ちからくるものですので、座をなごやかにするための事前努力をしておくことが大事です。
こんな席での沈黙は苦しいですし、父親が質問ばかりするのも詰問のようで互いに辛くなります。
両親には学歴や年収など目に見えやすい条件でなく、人間的な魅力も前もって伝え、彼が自分の魅力をスムーズに発揮できるようにベースをつくっておきます。
もちろん、両親の性格や趣味などを相手にも伝えておき、それにあわせて話を進めれば印象もよくなり、後に印象を訂正するよりも簡単です。
お互いパブリックな自分を意識して好印象を与えられるように努めます。

Copyright(c) 結婚 All Rights Reserved.